久しぶりに歯医者さんに行ったときの話

いつからか分かりませんが、奥歯が痛むようになりました。
この歳になって虫歯になるのはかなりショックですが、なってしまった物は仕方ありません。
私は、仕事帰りでも行ける歯科を探して、そこで治療をしてもらう事にしました。以前行った事もある様な気がしますが、良く考えたら矯正歯科の紹介で行った事のあるところでした。
こんなに街には歯科医院の看板が溢れています。コンビニよりたくさんあるのですから当たり前です。そんな看板を制作してる会社のホームページをご紹介します。

http://www.crecer-m.com/consultingblog/%E7%9C%8B%E6%9D%BF%E3%81%AF%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8C%BB%E9%99%A2%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96/


しかし、それは抜歯目的で治療目的ではありません。
しかも親知らずの抜歯なので、歯医者さんでは無く口腔外科のお医者さんに担当してもらったのです。
同じ場所に行くのに、少し違う事をするのは不思議な感じもしますが、この際仕方ありません。
数日後に行ってみたら、完全予約制だと言われてしまいました。
もう踏んだり蹴ったりです。しかも虫歯の位置を説明すると、親知らずだという事が判明したので、やっぱり口腔外科にお世話にならないといけない様です。
数日後、早速治療が始まったのですが、やはり奥の場所だけあって衝撃を感じます。
親知らずなので他の歯とは違って神経に近いので、衝撃がダイレクトに伝わってくるのです。
麻酔はしていたのですがそれでも衝撃は伝わります。
更に、ドリルの振動も伝わってくるのです。
断っておきますが私は決して歯医者という物が嫌いではないのです。
独特の無菌的な雰囲気も、メカニックな設備もどちらかというと好きな方です。
しかし、あまりにも放置してしまったがために治療も時間がかかったのです。
歯科にはこまめに行った方が良いのだと学びました。